トリキュラーで生理が毎月ちゃんとくる

トリキュラーは避妊効果のある低用量ピルの一種ですが、避妊効果だけでなく様々な恩恵をもたらしてくれます。その一つに、生理周期が安定するというのがあります。基本的な構造として、トリキュラーは三相性のピルとなっています。これは女性のホルモンバランスの変化に合わせて薬が調整されているので、女性の体にも負担が減るようなタイプとなっています。

そんなトリキュラーですが、1シートが21錠タイプまたは28錠タイプのどちらかとなっています。どちらにせよ21錠が実際に効果のある錠剤となっていて、28錠タイプの残りの7錠は薬を飲み続ける習慣を継続できるようにと特に成分が配合されていない偽薬となります。1シート飲んでからまた次のシートに移るわけですが、この薬を飲まない7日間に消退出血という生理に似たような出血が起こります。最初は時期もまちまちに感じられるかもしれませんが、続けていくうちに一定の周期に体も慣れてきますので、このおかげで生理周期が安定するようになるのです。これ以外にも、生理時の痛みの緩和をしてくれたりもしますし、整理が始まる前のイライラなどの女性特有のPMSと呼ばれる様々な症状を軽減する効果もありますから、悩んでいるのであれば活用をする事で体調管理ができるので、生活や仕事がしやすくなっていきます。

現代女性はどうしても社会環境の変化や仕事などのストレス、様々な生活環境などによって本当に生理周期や体調を崩しやすくなってしまっています。ピルの処方自体は病院で診察をしてもらってからとなります。生理不順がなかなか改善されなくてどうしたらいいのか困っているというときは、一度病院に行って相談してみるといいでしょう。

トリキュラーとコンドームのダブル避妊

低用量ピルのトリキュラーは、望まない妊娠を防ぐための、経口避妊薬です。1クールを28日の周期をとして、飲み始めの21日間の薬剤には、ホルモンの配合されているピルを飲むことになります。そして、そのあとの7日間は、お薬の服用はお休みの期間になりますから、トリキュラーも飲まない期間になります。このトリキュラーを飲まないあいだに、毎月の生理がやってきます。

避妊の確率としても、99%という高い確率を持っているので、計画的な利用をすることができます。しかし、避妊対策としても、性病の感染防止としても、本来は女性側だけの対処では不足であるといえます。男性側はコンドームを利用して、ダブル避妊が最も望ましいスタイルです。

トリキュラーなどの経口避妊薬が、日本の女性にも多く利用されるようにもなってきました。妊娠しないようつくられた薬ではありますが、性病などの感染には対応しているとは言えません。性行為によって、異性から病気をうつされてしまうケースもないとは言えません。大きな病気ではないにしろ、かゆみを感じるようになったりと、リスクがないとは言えないのです。

日本においては、コンドームを利用しての避妊は、とても多いものです。正しいコンドームの利用をしていたとしても、年間では15%もの割合で妊娠していることがデータでもわかっています。正しい利用の仕方をしていなければ、当然ながら妊娠する確率も上がって行きます。途中からの使用のケースでは、少し遅いと言えます。最初からの使用で、避妊の効果を上げる必要があるでしょう。しかし、これに加えて、トリキュラーなどのピルも併用することによって、妊娠する確率は抑えることになります。

トリキュラー服用でいつでも中出しok?

トリキュラーとは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合剤で排卵を抑制する作用のある経口避妊薬になります。
効能としては、排卵を抑制して、子宮内膜を変化させて着床を阻害し、子宮頚管粘液を変化させることによって精子を子宮に侵入させるのを防ぐことで妊娠をさせない作用があります。
トリキュラーは日本でも認可のされている経口避妊薬です。ちゃんと正しい服用をしていればほぼ100%の避妊率を防ぐのがトリキュラーを始めとした経口避妊薬の効果です。
正しく服用しておけば、内部射精をしても妊娠することはないとされています。また、さまざまな利点があり、女性ホルモンの効果で肌トラブルを改善できる美肌効果、月経困難症や生理痛の軽減、生理周期の安定やずらしたりすることができるなどのメリットがあります。そのほかにも、生理周期が整うことによって妊娠しやすい身体造りを行うことができるなどが上げられます。
しかし、妊娠を避けることができると言っても、性感染症は避けることのできないのが経口避妊薬になります。性感染症を予防する効果はないためいつでも内部射精を行うのではなく、高い確率で性感染症を予防する効果のあるコンドームを併用することが望まれます。
トリキュラーは人工的に女性ホルモンを体内に入れる薬になります。さまざまなメリットを得ることのできる薬ではありますが、血液を固まりやすくする作用もあるため人によっては服用できない可能性もあります。
服用したいと言う場合には、病院で処方してもらうことによって安全に購入することができるようになっています。体質に合わない場合もあるため自分に合った種類の経口避妊薬を選ぶことが安全に利用することができる方法です。

■低用量ピルについて
低用量ピルで確実に避妊

トップページへ