トリキュラーなどのホルモン剤の価格について

「トリキュラー」は経口避妊薬のことで、一般的にピルとよばれるホルモン剤の低用量ピルす。
女性の卵巣でつくられるホルモン「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類の女性ホルモンの作用を利用して、望まない妊娠を防ぐことを目的として使用されます。避妊目的として利用するのではなく、色々とピルには効能が期待できます。子宮内膜症や子宮筋腫、月経不順や月経痛などの婦人科系の疾患に対しても効果があるので、処方されるケースも多々あります。
「トリキュラー」はピルの中でも最もポピュラーで、自然なホルモン分泌パターンに似せてつくられていおり、段階型三相性の低用量ピルです。初めて低用量ピルを使用する方に、一番よく処方されるお薬です。こちらのお薬も、避妊目的で処方される場合と、婦人科系の疾患の改善目的のために処方される場合があります。
避妊目的に使用する場合は、用法をしっかりと守って、継続的に服用すれば、90パーセント以上の避妊効果が期待できます。
服用方法は、21日間服用して、その後7日間は休薬期間で、その間に月経が来る仕組みになっており、29日目からは新しいシートを飲み始めます。服用している期間に月経はこないので、月経不順の型は、周期が整います。
トリキュラーなどのピルは、一般の薬局では販売されておらず、医師の同意を得て、医師からの処方が必須となります。
又、トリキュラーなどのホルモン剤の価格は、保険適用の薬ではないので、自費での価格となります。自由診療なので、医療機関によって、設定している価格は全く異なります。
トリキュラーなどのホルモン剤の服用を考えておられる方は、価格などを含めて、事前に医療機関に問い合わせておくと良いでしょう。

トップページへ