トリキュラーの安定性とちょび髭避妊薬局

トリキュラーは正しい服用をしている場合は安定性が非常に高いので副作用などがほとんどありませんが、飲み方を間違えてしまって、飲み忘れてしまった場合などには女性器からの出血をする場合もあります。この出血は一時的な症状である場合が多いので、そのまま生理の初日まで待ってから服用をやり直すこともできます。トリキュラーは婦人科で処方されるのが一般的なのですが、事情があって婦人科を受診できない場合にはちょび髭避妊薬局などを利用して手に入れることもできます。トリキュラーの安定性を維持するためには生理の初日から飲み始めて21日間飲み忘れずに服用を続けることが重要なのですが、飲み忘れた場合などの対処は婦人科を受診している場合は医師に相談をして、そうでない場合にはちょび髭避妊薬局などのマニュアルにしたがって対処をする必要があります。トリキュラーは低用量ピルなので安定性が非常に高く、副作用などの少ないのですが、継続して飲み続けられない場合にはトリキュラー28を処方してもらう必要があります。この薬はちょび髭避妊薬局でも購入することができますが、服用方法をよく読んでから飲み始めることが大切です。トリキュラーは低用量ピルなのでリスクは比較的低く安定性も高いとされているのですが、喫煙をする40歳以上の女性の場合には血栓症のリスクが高まるので、医師と相談をして処方を中止する必要もあります。また糖尿病の場合には血管内に血栓ができやすい状態なので、処方を受けられない場合があります。処方を受けられない場合は男性にコンドームを付けてもらうしか方法がないので、パートナーとリスクについて話し合ってから判断をする必要があります。

トップページへ