低用量ピルのトリキュラーの避妊効果はいつからか

低用量ピルのトリキュラーの避妊効果はいつからかという点に関しては、いつトリキュラーを服用したかによって変わってきます。月経初日にトリキュラーを服用した場合には、その日のうちから避妊の効果を得ることができます。ほぼ完全に避妊の効果が得られるため、コンドーム等の他の避妊法を併用する必要はありません。
月経初日にトリキュラーを服用できなかった時には、避妊の効果は7日後から得られます。避妊の効果が出る7日後までは妊娠をする可能性がありますので、コンドームやペッサリーなどの低用量ピル以外の避妊方法を併用することが必要になります。
産婦人科の病院に通って、トリキュラーを処方してもらう時には、医師から服用方法についての説明がありますので、医師の指導に従って適切に服用することが大切になります。口頭での説明だけでなく、トリキュラーの服用者向けの情報提供資料の小冊子をもらえますので、服用する時には資料にしっかりと目を通しておくことが大切です。
低用量ピルは一日でも飲み忘れると避妊の効果が得られませんので、休薬期間以外の期間は忘れずに服用することがとても大事です。服用する時間については特に決まりはありませんが、朝食後や夕食後に飲むことを決めたら、毎日必ずその時間帯に服用するようにします。
産婦人科の医師の中には、低用量ピルについて詳しく知らない医師も存在します。避妊を目的に産婦人科を受診する際には、低用量ピルや避妊を専門に行っている産婦人科を受診することが望ましいです。産婦人科の病院のホームページには、得意としている診療の内容が書いてありますので、低用量ピルの処方を行っていることをホームページ上に明記している病院だと安心です。

トップページへ