生理痛にトリキュラーを使用後に服用中止する場合

女性の方しかわからない辛い悩みが生理痛です。毎月のように下腹部痛、それに関係して頭痛やめまい、貧血などのいろいろな症状が起きます。人によってその辛さや痛みは異なりますが、ひどい方は仕事や家事すらできないほどの痛みになります。これでは日常生活も送れませんので、薬を使って抑えている方も多いです。しかし、薬も作用する時間は限られていますので、何度も何度も服用するのは、胃にも負担になってしまいます。そんな生理痛の服用で効果を発揮するのがトリキュラーです。トリキュラーはピルの1つですので、避妊薬と考えがちです。しかし、医療の現場ではたびたび生理痛の改善の目的でも使用されています。トリキュラーは毎日1回、一定の時間に飲みます。その時間が夜でも朝でも構いません。大事なのは毎日同じ間隔で続けていくことです。トリキュラーはホルモンを含んだ薬ですので、ホルモン量をコントロールして、生理をスムーズに起こさせることができます。ですから、体が生理を起こす準備がしっかりとできるので、生理痛が抑えられるのです。しかし、中には体質に合わないので他のピルの方が良い方や、トリキュラーに頼らなくても大丈夫になることもあります。そんな時は服用中止を医師に相談してみましょう。服用中止の場合も特に厳格な辞め方などもありません。しかし、ホルモン量が辞めることで変わりますので、急な反応に体が負担を生じる場合もあります。ですから、難しいことはありませんが服用中止の際は、相談してから徐々に切り替えるようにすると、より体に自然で無理のない状態になるでしょう。生理痛は多くのことを犠牲にしてしまいます。トリキュラーで少しでもコントロールできるのであれば、充実した毎日を過ごせるようになります。

トップページへ