薬通販で人気のトリキュラー~消退出血の移り変わり

低用量ピルのトリキュラーは、日本で最も人気のあるピルの一つです。トリキュラーには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていますが、黄体ホルモンの含有量が「6日→5日→10日」の三段階に変化するのが特徴です。自然のホルモン分泌に似せることで、避妊効果は維持したまま、総ホルモン含有量を低減しています。
トリキュラーは正しく服用すると、ほぼ確実な避妊効果を得られます。ピルに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンが脳下垂体に働きかけて卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌を抑え、排卵が起こらなくなります。また、子宮内膜が厚くならないので受精卵が着床しにくくなり、子宮頸管粘液の状態を変化させて精子の侵入を防ぎます。
トリキュラーは、毎日1錠ずつ同じ時間帯に服用します。トリキュラー21では、21日間の服用後、休薬期間を7日間とり、トリキュラー28では最後の7錠がプラセボ薬なので、この期間が休薬期間になります。通常は、休薬期間中に生理が来ますが、この生理を消退出血と呼びます。
消退出血の出血量は徐々に減りやすくなり、中には消退出血が飛ぶ人もいます。これは、子宮内膜が薄く維持されるからで、身体には害はなく心配無用です。ただし、飲み忘れや飲む順番を間違えた場合には避妊効果が落ちますので、この場合に消退出血がなければ妊娠の可能性もあります。不安があれば、妊娠検査薬でチェックするとよいでしょう。
トリキュラーは、薬通販を利用して、安く入手することができます。薬通販のトリキュラーは海外向けの製品ですので、説明書が英文になっていることを知っておきましょう。また、薬通販を利用する場合には、信頼できるショップを選ぶことが大切です。

トップページへ